こころの忘備録

どんな思いも宝物。

独り言。

みんなが幸せでいられたらいいのに。

なんのしがらみもなく、ただただ幸せでいられたらどんなにいいだろう。

 

 

でもそれじゃ面白くないのかな。

人生波があるから楽しいのかな。

 

波があるから``自分らしさ``が生まれるのかな。

 

 

 

私は私らしい人生を生きていたいな。

‘‘私で良かった‘‘ ‘‘すべて含めて楽しかったな‘‘

って思う人生にしたいな。

 

 

 

 

唯一無二の魅力。

明るくて、いつも笑顔で、ポジティブで。

誰とでも仲良くできて、ノリがよくて、みんなに好かれて、、、

 

学生の頃、そんな人にすごく憧れた。

そうなろうと努力もした。

 

 

でも頑張れば頑張るほど、空回りして。

段々自分に否定的になった。

「私何にも持ってないじゃん」

って、当時は自分のこと大嫌いだった。

 

 

でも今はね、

‘‘自分らしさを大切にするほど、唯一無二の魅力が生まれる‘‘
そう思ってるの。

 

いつも明るくなくてもいい。

ネガティブでもいい。

モデルみたいに綺麗じゃなくてもいい。

 

 

今は自分のことが好き。

ネガティブで、人見知りで、繊細で、、、、

そんな私で良かったって、心から思ってる。

私だから、出来ること・分かることって、あると思うんだ。

 

 

そして容姿も、性格も、全て含めて

「それがいい。君だからいいんだ。」って言ってくれる人がいると思うの。

まるでパズルのピースがはまるように。

 

そして繕わず、自然体でいて楽しい人。

前から知っていたかのような、安心感のある人。

それが‘‘運命の人‘‘なんだと思う。

 

楽しみだなあ。

 

 

嫌なことはやめていこう。

嫌なことはやめていこう。

身体が動かなくなる前に。

 

‘‘もう少し、頑張れる‘‘

‘‘まだ大丈夫‘‘

でもストレスは着実にあなたの中に溜まっていって

あなたの身体を蝕んでいく。

 

頭痛、腹痛、発熱、倦怠感、憂鬱感、、、

‘‘危ないよ‘‘って、身体が教えてくれるはず。

 

あなたがそれをやめても

ちゃんと、世界は回っていくし、

明日も、美しい太陽は昇る。

 

大丈夫だよ。

もっと自分勝手に生きていい。

 

だって、楽しむために生まれてきた。

幸せを感じるために生まれてきた。

 

心の声を、身体の声を聴いてあげて。

あなた自身ほど、大切なものはこの世界にないのだから。

 

 

‘‘うつ‘‘になって気づいたこと。

鬱になってみて気づいたことがある。

 

簡単に‘‘その気持ち分かるよ‘‘って言うべきではないってこと。

 

 

 

 

友達や周りの人が悩んでいた時、

私は力になりたくて、励ましたくて

‘‘気持ち分かるよ‘‘って言ってた。

 

 

 

でも自分がしんどくなった時、同じ言葉を掛けられて、

すごく不快だった。それが相手の親切だと分かっていても。

 

 

 

その人の痛みはその人にしか分からない。

似ているように思える痛みでも、人によって感じ方は全く違う。

自分はその人にはなれないし、同じ痛みを感じることはできないのだ。

 

 

 

でも‘‘寄り添いたい‘‘ ‘‘元気になってほしい‘‘とその人を想う気持ちは本物だから。

これからはその想いを伝えよう。そして、見守ろう。

そう決めたの。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままでいて。

たくさん頑張ってきたんだよ。

 

あなたが思ってる以上に頑張っているし、

あなたが思ってる以上に身体も心も疲れてる。

 

もっと、自分に優しく生きていい。

自分に甘く、生きていい。

 

頑張りすぎてる。

 

 

誰かの役に立たなきゃ とか

何かを生み出さなきゃ とか

 

大丈夫。

もうすでに持っている。

あなたがあなたのままで、そのままで

あなたらしくいることが、もうだれかの役に立つようにできているんだ。

 

あなたがあなたらしくいることが

あなたの大切な人を笑顔にするんだよ。

 

変わらなくていい。

 

いくらだめだと思っていても、変わらなくていい。

それがあなたの魅力なのだから。

 

どうか、そのままでいて。

 

駄目だと思っているあなたのままで。

仕事を辞めたかった本当の理由。

さっき、ふと、気づいたんだけれど

 

 

私が仕事を辞めたかった本当の原因は

 

自分の完璧主義な性格からくるものだったのかも。

 

 

「連絡事項はしっかり頭に入れておかなきゃ」

「一回教えてもらったことは覚えなきゃ」

「お客さんから聞かれたことには答えられるようにしておかなきゃ」

「分からない度に保留にするのは申し訳ないし」

「お客さんはプロだと思ってかけてきてるしなあ」

 

こういう感じでガチガチになって、いっぱいいっぱいだった。

 

 

 

一生懸命やってて、でもそれでも追いつかなくて。

 

"何回待たせるの”とか

オラオラ口調で喋ってこられると泣きたくなるの。

 

 

「私だって同じ人間だから、出来ないことや分からないことだってある」

「完璧じゃなくていい、一生懸命やってるんだから」

って、何度も自分に言い聞かせたけど

やっぱ気にしちゃうんだよね。

 

 

まあそう簡単には変えられないよ、性格だもん。

 

 

こういったストレスが積もり積もって、

威圧的な人や傲慢な人に当たるとイライラしちゃてたんだな。

 

 

やっぱ自分に余裕がないとどうしても

冷静に物事を見ることができなくなるもん。

 

そりゃあ、”受け流せない”よなあ。

 

 

 

”真面目で完璧主義”

これが私が苦しくなった本当の原因なんだろうな。

 

 

 

あー、やっと腑に落ちた。すっきりしたー。

 

 

”うつ”になりました。

受電のコールセンターで働いています。

 

威圧的な人や傲慢な人にいちいち腹が立つ。

”色んな人がいる”で受け流せない

 

そして一日経った頃には疲れ果てて

お休みの日はずっとぐったり。

 

”辞めたい”って何度も思った。

でも辞めたら解決するわけでもない気がして。

 

だってこれからも、生きていたらそんな人たくさん出会うだろうし

いちいちそんなのに腹立ててたら疲れるじゃん。

 

"これは受け取り方の問題だ”

”受け取り方を変えたら治るかも”

 

て思って、辞めなかった。

 

マインドフルネスがいいってことで瞑想を頑張ったりした。

朝起きて、電車の中で、仕事中、寝る前・・・

 

最初はそれで楽になれた

でもついにそれすら効かなくなった

 

というか、注意散漫で瞑想できなくなった

 

そして胃がなんかおかしくなって吐き気が起こるようになって

朝起きられなくなった

 

それでいよいよ病院に行ったら

”うつ”と診断された。

 

 

ほっとした。

ああ、やっと仕事辞められる、

やっと休める、って。

 

 

誰かに言ってもらわないと、自分に仕事を辞めることを許してあげられなかったの。

”甘えなんじゃないか”とか、心の中で思っちゃって。

 

 

心の声を聞かなかったから

強制終了が起きたんだね

 

 

今日分かったのは

私は自分が思っている以上に自分に厳しかったってこと。

 

 

 

だから”うつ”って言われてほっとした時、

「ああ、自分に認めて許してほしかったんやなあ」

って思った。

 

 

今まで厳しくしてごめんよ、私。

 

 

 

 

 

これから仕事も休むし暇になるので

日々の気持ちや気づきを綴っていこうと思う。